普通のチョコと何が違う?今話題のクラフトチョコレートとは

目次

最近耳にする機会が増えてきた「クラフトチョコレート」という言葉。

なんとなく手作り感のあるチョコレートかな?と、意味がぼんやりしている方も多いのではないでしょうか?


そこで、クラフトチョコレートとは何か、普通のチョコとは何が違うのか解説したいと思います。

知れば知るほど奥が深いクラフトチョコレートの世界。その入口をどうぞ覗いていってくださいね。

厳選した材料や職人技が光る、こだわりのチョコレート

クラフトチョコレートという言葉には明確な定義がありません。少量手作りの、材料にこだわった、職人技の光るチョコといったイメージです。


ところで、チョコの世界には「Bean to Bar(ビーントゥバー)」という言葉があります。


これは、カカオ豆の収穫からチョコになるまでを一貫して管理する製造スタイルのこと。

カカオ豆の産地や品質、製造方法にこだわって管理することで、より表情豊かなチョコレート作りができるのです。


クラフトチョコレートショップでは主にこの「Bean to Bar」チョコレートを取り扱っています。

材料にこだわり、製造工程にこだわり、品質管理にこだわった、さまざまなこだわりが詰まった職人のチョコレート。それがクラフトチョコレートなんですね。

表情豊かなクラフトチョコレートたち

クラフトチョコレートを食べて驚くのが、その表情の豊かさです。

カカオ豆の産地や製造方法の違いがダイレクトに出るので、一品一品の味や風味がまったく異なります。


普通のチョコレートは、品質を統一はすれど、豆本来の味や風味まではこだわりません。


一方、クラフトチョコレートは、国を限定したカカオ豆や、さらには農園指定したカカオ豆を使うこともあります。


カカオ豆は、育てる環境によって大きく風味が変わるもので、渋みが強い物やまろやかな物、種類によってはワインのような味わいのものまで存在します。


その「豆の特徴」に合わせた作り方を考え、食べる人に一つの体験を与える。クラフトチョコレートは、食べるだけでなく、体感するチョコレートとも言えるのではないでしょうか。

まとめ

いろいろなこだわりが詰まったクラフトチョコレートの世界。クラフトチョコレートを食べるほどに、チョコの楽しさやカカオ豆の面白さについて深く触れることができます。


バリスタがコーヒーを楽しむように、チョコレートの風味や産地を楽しむ。ちょっとディープなチョコレート体験がしたい方におすすめです。


投稿日:2020年2月27日 (更新日:2022年9月28日)